ほくろと悪性黒色腫(メラノーマ)の違い - 症状や治療方法の紹介

悪性黒色腫(メラノーマ)とは、いわゆる“ほくろのガン”のことです。あらゆるガンのなかで、最も悪性度の高いものの一つです。腫瘍の分厚さで5年生存率が変わるといわれており、1mmだとほぼ100%ですが、4mmを超えると約50%以下まで下がります。リンパ節転移や内臓への転移を起こすことが多いのも特徴です。
このため、早期発見、早期治療をすることが大事です。日本国内では1年間に新たに悪性黒色腫と診断される人は100万人に10~20名と言われています。

2019-01-24

市販薬を購入している方がセルフメディケーション税制を知らないせいで26,400円を損してるかも

セルフメディケーション税制をご存知でしょうか?2017年1月1日に導入された制度で要約すると、年収500万円の場合、最大で26,400円の減税が受けられるという仕組みです。

2018-09-02

美容師・看護師・調理師など仕事での手荒れが悩みの方へ薦める解決策

美容師・看護師・調理師など水を扱う職業では、手荒れに悩まされる人が少なくありません。水を扱わないようにすれば、症状は改善しやすいのですが、仕事柄そのようなわけにはいきません。仕事を変えるのもそれほど簡単ではないので、今の仕事を続けながらできる対策を見ていきたいと思います。

2018-03-17

どうすれば信頼できる医療情報にたどり着けるか?

メドピアより非常に興味深いアンケート結果が提示された。医師の9割「ネット検索で正しい医療情報にたどり着くのは容易ではない」

2018-01-30

ヒルドイドの美容効果は本当か?

最近インターネットでヒルドイドがアンチエージングクリームなどと言われ話題になっています。小じわが減る効果や肌が生き返るなどの記事やレビューが今でも多く見つけられます。しかし本当にヒルドイドにそのような効果があるのでしょうか?

2018-01-15

ステロイドについて皮膚科専門医に聞いてみました

ステロイドの塗り薬はどのような時に使う薬なのでしょうか?アトピー性皮膚炎や虫刺されなどの皮膚炎を起こして湿疹となる多くの皮膚疾患に対して主に使用されます。

2017-12-01

水イボについて

正式名称は伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)といいます。学校感染症 第三種の一つです。以下に、皮膚科や小児科の学会からの統一見解を簡単にまとめたものを記載します。

2017-11-30

足白癬(あしはくせん、水虫のこと)について

夏になると足の皮がむけたり、かゆくなったりして水虫を心配することがありません?どれくらい患者がいるのかというと、5人に1人は足白癬があり、また10人に1人は爪白癬という調査結果があります。

2017-11-29

口の中に白いものが出来た~白板症~

タバコを吸っている人で口の中に白い物ができている人はいませんか? もしかしたらそれは、白板症(はくばんしょう)かもしれません。

2017-08-14

抜け毛は秋に多くなる?

秋になると、抜け毛が多くなる方いませんでしょうか?毎年この時期、皮膚科にはそのような患者さんが何人か来られます。

2017-08-02

日焼けについて

紫外線が気になる季節になってきましたね。 紫外線対策は大丈夫でしょうか?皮膚の老化(シミ、シワ)や皮膚癌の発生原因の多くが紫外線と言われています。

2017-07-01

ステロイドを塗ると黒くなる?そう思っているのは日本人だけらしい

「ステロイド軟膏を塗ると色が黒くなる」という、患者さんからの不安はよく聞かれます。薬剤師や看護師でも信じている人も未だに少なくないです。

2017-05-01

ワキガの診断方法~耳垢が湿っていなければ、ワキガじゃない~

最近、男性も臭いについてケアをする人が増えてきているようです。

2017-04-01

薬疹(やくしん、薬アレルギー)の症状と発生後に気をつけること

「薬疹(やくしん)」というのはお薬が体に合わなくて全身にブツブツが出来てしまう病気のことです。「薬剤性の皮疹」を略して薬疹と呼んでいます。お薬が合わなくて生じる皮膚以外の症状では、臓器障害(肝臓や腎臓の障害)やアナフィラキシーと言って血圧が下がってしまうなど様々なものがあります。

2017-03-01

花粉皮膚炎について

毎年、2~4月、11~12月にかけて沖縄、北海道北東部以外の地域でスギ花粉が飛散します。(年に2回ピークの時期があるのです。)

2017-02-01

皮脂欠乏症(ひしけつぼうしょう)について

秋や冬になると肌がかさついて粉が吹く、そして痒くなるなんて経験はありませんか?それは皮脂欠乏症の可能性が高いです。

2016-12-01