紫外線が気になる季節になってきましたね。

紫外線対策は大丈夫でしょうか?皮膚の老化(シミ、シワ)や皮膚癌の発生原因の多くが紫外線と言われています。

紫外線は4月ごろから増えてきて10月くらいまではある程度の強さがあります。6、7月だけが紫外線の強いイメージがあるかもしれませんが、紫外線対策は4月あたりから始めるのをオススメします。

また、曇りの日でも紫外線は約50%以上通過し、薄い雲なら80%以上が通過します。

曇っているからと言って油断してはいけません。

対策方法は、まずは日焼け止めクリームです。

日焼け止めクリームは、ほとんどの製品において2,3時間で効果がなくなってきますので塗りなおすことが大事です。

また、最近では日焼け止めのサプリメント(ヘリオケア、U・Vlockなど)が発売されています。クリームほどの効果はありませんが、相乗効果はありますし、塗りムラを気にする方にはいいと思います。

さらに、目への紫外線予防も大事です。サングラスを使用するのが良いのですが、UVカットの記載されているものを使用しましょう。色の濃いサングラスをかけると、瞳孔が普段より開くため、紫外線カットの不十分なレンズでは、かえってたくさんの紫外線が眼の中へ入ってしまいます。ご注意を。

詳しいことが知りたい方には、『紫外線環境保険マニュアル2008』が環境省から発行されており非常に分かりやすいので参考にしていただければと思います。

以下がURLです。

https://www.env.go.jp/chemi/matsigaisen2015/full.pdf

光老化、光発癌の予防に紫外線対策をするようにしましょう。

皮膚や肌のことでお困りですか?

Loquat(ロクアット)なら匿名で、皮膚・肌のトラブルを皮膚科専門医に相談できます。