水イボについて

正式名称は伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)といいます。学校感染症 第三種の一つです。以下に、皮膚科や小児科の学会からの統一見解を簡単にまとめたものを記載します。

幼児・小児によくできて、放っておいても自然に治ることもありますが、それまでには長期間(早くて半年、長いと数年以上のことも)を要します。また、周囲の同年代の小児も感染していることが多く、除去しても再度感染することも多いです。

ピンセットで直接除去することが一般的ですが、痛みを伴うことが多いので医師によっては麻酔のシールやクリームを使うこともあります。その他にも、医師によって様々な治療をすることもありますので、その場合は、それぞれの治療のメリット・デメリットを聞いて治療方法を選択しましょう。

また、周囲への感染を防ぐため、プールなどの肌の触れ合う場ではタオルや水着、ビート板や浮き輪の共用を控えるなどの配慮が必要です。この疾患のために、学校を休む必要はありません。

水イボへの対応は保育園・幼稚園・小学校などによって少し異なることがあります。具体的には、プールに入ってもよいかどうかの判断が施設によって異なることがあります。

皮膚や肌のことでお困りですか?

Loquat(ロクアット)なら匿名で、皮膚・肌のトラブルを皮膚科専門医に相談できます。

Get it on Google Play