毎年、2~4月、11~12月にかけて沖縄、北海道北東部以外の地域でスギ花粉が飛散します。(年に2回ピークの時期があるのです。)

この時期に花粉症の症状(目のかゆみや鼻水など)が出るのは皆さんもよくご存知かと思いますが、最近スギ花粉による皮膚炎が注目されています。大気中に浮遊しているスギ花粉が紫外線で変性したものが皮膚に接触することで、湿疹が出現すると考えられています。

症状ですが、アトピーのある人と無い人で症状が異なります。

アトピーでない方では、顔、目の周り、首に蕁麻疹のような赤みが出現します。体に症状の出ないこと、女性に多いことも特徴です。

アトピーのある方は、アトピー症状が一時的に悪化します。

また、治療方法としては花粉症の症状を和らげるお薬(抗ヒスタミン薬:アレグラ、アレジオンなど)を内服したり、皮膚症状の強いところにはステロイドの塗り薬を使用したりしますのでこのような症状でお悩みであれば皮膚科専門医を受診してお薬を処方してもらいましょう。

毎年同じ時期に顔に湿疹が出来る、アトピーが悪化することがあれば、花粉皮膚炎が関係しているのかもしれません。 

皮膚や肌のことでお困りですか?

Loquat(ロクアット)なら匿名で、皮膚・肌のトラブルを皮膚科専門医に相談できます。