秋や冬になると肌がかさついて粉が吹く、そして痒くなるなんて経験はありませんか?

それは皮脂欠乏症の可能性が高いです。

生まれつきだったり、年をとることでも皮脂欠乏症になります。また、皮脂欠乏症の人は、皮膚のバリアが弱いため様々な物質が皮膚から取り込まれることによってそれらの物質に対してのアレルギー体質になりやすくなり、アトピーなどのアレルギー症状を発症するリスクが高まると考えられています。

対応としては、入浴方法や保湿が大事になります。

皮膚表面の皮脂が健常な人よりも少ないので、皮脂を落とさないような入浴方法(石鹸やボディーソープを使用しない)を心がけましょう。

頭、ワキ、陰部は使用してかまいませんが、その他の部位では控えましょう。また、入浴後はボディークリームやワセリンなどで保湿をしっかりするようにしましょう。乾燥を感じたら適宜保湿することも大事です。

これだけのことで、秋冬の体のかゆみがおさまる事も多いので、乾燥肌の方は是非してみてください。

皮膚や肌のことでお困りですか?

Loquat(ロクアット)なら匿名で、皮膚・肌のトラブルを皮膚科専門医に相談できます。